多摩市で太陽光発電つきの二世帯を建てる

主人の実家のある多摩市に引っ越してきて5年が経ちます。
主人の実家が家業をしていることもあり、主人が後を継ぐことで、1年半前に2世帯住宅を建てることになりました。
主人の両親が知り合いの大工さんに頼むという話だったのですが、デザイン性や家事動線など、若い私たちが暮らしやすい家にしたいと主人が強く要望してくれたため、住宅メーカーに頼むことになりました。
色々なメーカーを回りましたが、二世帯住宅を得意とするメーカーと話をしていて、意気投合したこともあり、そちらでお願いすることになりました。
色々プランを練っていくと、営業マンの方は、2世帯だと光熱費もかかるし、土地上、日光がよく入る良い場所でもあるので、一緒に太陽光発電を設置してみてはどうかと提案してくれました。
主人の両親は乗り気ではありませんでしたが、私たち夫婦は興味津々、営業マンの話をじっくり聞いてから、自分たちで色々太陽光発電についても調べてみました。
今はどんどんメーカー間で競争が激しくなってきており、よりお値打ちで、質の高い製品がたくさん登場しているんだそうです。
また、家を建てる時に一緒に太陽光発電を設置する方が便利で、無駄な工事費がかからないこともわかりました。
両親を説得して太陽光発電を設置することになりましたが、何せ二世帯住宅なので、かなりのパネルを搭載することになりました。
発電効率や売電量もかなり良いことを期待して、今年夏の完成を楽しみにしています。