地球温暖化対策地域推進計画

地球温暖化にはどのような問題があるのでしょう。
干ばつや砂漠化や気温の上昇などが起こります。
それによりエアコンで部屋の温度を下げるようになり、電気の使用率があがります。
電気を作るために必要なエネルギーに負担がかかることになります。
また二酸化炭素の排出量も増えます。
二酸化炭素はどのような割合で排出されているのでしょう。
第1位は自動車で30.4%を占めています。
第2位はオフィスや公共施設などです。
第3位は家庭、第4位は製造業、第5位は鉄道です。
第6位は建設業、第7位は一般廃棄物となっています。
墨田区地球温暖化対策地域推進計画というものがあります。
地球くんというマスコットキャラクターがいて、老若男女に親しまれているのです。
これは平成20年3月に施行された案でもあります。
節電や省エネなどの意識を高め、積極的に地球温暖化防止設備を導入しようという取り組みです。
そしてそのための設置費用をサポートしてくれる制度でもあります。
対象となるのは遮熱断熱塗装、高効率給湯器、建築物断熱改修、太陽光発電システム、太陽熱温水器などがあげられます。
事業者向けとして、省エネルギー型小規模燃料機器、口調機器、証明機器などもあります。
太陽光発電システムを例にとってみてみましょう。
新築戸建てまたは新築事業所の場合は、限度額50万円で、1キロワット当たり10万円か工事費用のいずれか少ない額が対象です。
新築分譲または新築集合住宅の場合は、限度額125万円で、1キロワット当たり10万円か工事費用のいずれか少ない額が対象です。
既築戸建てまたは既築事業所の場合、限度額50万円で、1キロワット当たり10万円か工事費用のいずれか少ない額が対象です。
既築分譲または既築集合住宅の場合、限度額125万円で、1キロワット当たり10万円か工事費用のいずれか少ない額が対象です。
太陽光発電システムは太陽の光で発電をします。
そのため電気をつくるときに二酸化炭素を排出しないのです。