武蔵野市の取り組み

近年、二酸化炭素の排出を原因とする地球温暖化が深刻となっています。
そこで、発電時に二酸化炭素を排出しない太陽光発電が注目されています。
太陽光発電システムの普及により、その設置費用は低くはなってきているものの、まだ100万円を超える費用がかかってしまいます。
そこで、国は補助金を出すことにより、その設置費用を軽減して、多くの家庭にシステムの導入を推進しています。
武蔵野市でも同様の目的から住民が新たに太陽光発電システムを設置する際に補助金を出しています。
この補助金は、1kWあたり5万円となっており、最大で25万円まで援助を受けることができます。
補助金を利用すると設置時の費用負担が軽減されるため実際にシステムを設置する人が増えました。
武蔵野市では、平成24年度の予算枠の上限を年度途中に超えたため、さらなる予算の増額を求めて審議をしています。
太陽光発電を導入すれば、停電時にも電力が使用可能となったり、電気代が安くなるというメリットがあることから、武蔵野市ではさらにシステムを設置する家庭が増えていくと思われます。